忍者ブログ
雪乃・舞依と志乃神・晃の設定などを徒然と、いや適当に・・・。SSとかバトンとかで ============================================================  このブログにおいてある作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、作成を依頼したものです。  イラストの使用権は雪乃に、著作権は書いていただいたイラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。 ============================================================
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

刃を置くのは――――――復讐を終えた時のみ。
そう誓った。冷たくなった幼馴染の死体の前で。
復讐の剣戟こそが・・・・・・・・亡き友に捧げる鎮魂歌だった。
自分の血筋を呪い、彼女の不運を呪い、己の不甲斐無さを呪い、祝福された全てを呪い尽くし。
『俺』は『鬼』になった。

今回は、其処にいたる序章を。


死にたいのか、生きたいのか、殺したいのか、逝きたいのか、殺されたいのか?
どれも当てはまる物は無い。ただ在り続ける、ソレが俺の流儀。
一族に伝わる「心応流」も、その性質からある程度の剣儀を身に付けておけば基本的な練習のみで解放される事が多かった。心に応じて力を増す。ソレが心応流の教えであり、また基本事項であった。

喜怒哀楽。感情全てを一つにまとめ、心全てを剣にのせ、感情の力で敵を斬る。―――心応剣
この心応剣(銀誓函学園に来て黒影剣と教えられた)が放つ事が出来るようになってからは、精神を鍛える為だといって、熊を一撃で殺すことになったり、命の危険であろうと平静を保てるようにといって、地上30mから落とされたり、滝に打たれながら「丸太を大量に流すから避けろ」と言われたり、いつでも冷静であるようにといって、他人に恥ずかしい過去話を聞かせてまわったり・・・・・・・・・etc.etc.etc.・・・・・・・ほんと、まぁ・・・・よく生きてるな俺、肉体的にも社会的にも。


まぁ、ココまで無茶な指導について来たのも・・・・・幼馴染みのおかげだ。先生のおかげでは絶対にない。すごいとは思うがむちゃくちゃな女だからな、あらゆる面で。
実際に喰らわされる時はたまった物じゃない修行も、幼馴染を笑顔に出来るのならば耐える事が出来た。

市内にある、大病院の・・・最上階「命尽きる場所」
最早治る見込みの無い患者を詰め込んだ階層―――其処に彼女はいる。
「ちわーす、三河屋でーす」
「ぁ、アッキー元気でやってる~?」
「中途半端な略称で呼ぶな」
「じゃぁ・・・・流れのアキちゃん」
「中学生男子に向けてちゃん付けはやめい!」
「ま、ま、怒らない怒らない。で、今日はどんなことしたのかな~?」
軽く会話のボクシングをした後に今日の本題に入る。つまり修行内容(非常識99.9%で構成されている)の語り。
「今回は蟲毒の陣とか言って蛇やらムカデやら蜘蛛、トカゲ、鼠、果てにはイナゴの大群とか・・・・・・・・アホみたいに戦わさせられたよ」
「孤独の陣?なんで一人でいる陣で一杯生き物が来るの?」
「いや、虫とか動物とか放り込んで「最後まで生き残ってた奴が力を得られるのだ!」とか言って最後まで生き残ってなきゃいけない修行の事」
大きな溜息をつきながら呆れて見ていると、彼女は大げさに自分の腕を叩き、こう言い放った。
「あぁ!つまり~、最後には孤独になるから孤独の陣ね!」
「お前はバカだ(即切り捨て」
「ひどッ!?」
「事実は事実として受け止めろ、話はソレからだ」


「ん~そろそろ面会時間終了だねぇ~?」
「よし、帰るか」
「ちょ、ちょ、ちょっ!なんでそうアッサリと帰ろうとするかなぁ?」
「俺の用事は終わった、なら後はゆっくりとお前に休んでもらうだけだ」
「明日まで、生きてるか・・・・・・・・・・分からないのに?」
「あぁ、ソレは俺だってあの試練は明日まで生き生き残れるかどうか分からないからな。お互い様だ」
「・・・・・・バカ・・・」
「おっと心外だな、お前よりは賢いつもりだけど?」
「もう良いよ、さ、帰って帰って~」
しっしっと手を振って病室から廊下に追いやられる。

「ま、明日も来るからさ。死ぬのはその時まで待ちやがれー」
「絶対死なないし、寧ろあんたが先に死にそう」
「うむ、そのくらい元気なら問題あるまい。では余は帰るかの~」
おちゃらけながら病室を出る。
本当に最後の別れになるなんて、この時、想像も出来なかった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雪乃・舞依
年齢:
22
性別:
女性
誕生日:
1994/09/22
職業:
中学生雪女
趣味:
読書、スライム弄り、他人と(で?)遊ぶ
自己紹介:
外の事をあまり知らなかった為に人と上手くかみ合う会話が数人にしか出来ない。喋りも沈黙の多いまったりペースだが人を弄る時だけは素が出て一方的に捲くし立てて相手を貶める。
いたずらっ子だが時々常識外れの大ぽかをする。
動物の鳴き声で幾つかウソを教えられている。
(例:猫はメェ~って鳴くんだよっ!?)
スライムマスター(幻獣使い?)
最近は割とほわほわと彼氏に甘えている。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]