忍者ブログ
雪乃・舞依と志乃神・晃の設定などを徒然と、いや適当に・・・。SSとかバトンとかで ============================================================  このブログにおいてある作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、作成を依頼したものです。  イラストの使用権は雪乃に、著作権は書いていただいたイラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。 ============================================================
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

縁側にて―――

晃「神の左手は使わない、か。まぁ妥当だな」
雪乃「学園の方針から考えれば・・・問答無用の虐殺は選ばれない、し」
晃「そもそも本質的にランドルフと同じだろう。その手段は」
雪乃「選ぶ位なら、止めなかったら良かっただけだもんね」
晃「しかし、最後は巨人か」
雪乃「どんな戦いになるのかな・・?」
晃「さぁ?」



PR
晃「コレが最後の戦か」
雪乃「・・・学園祭まで休んだら?」
晃「なんで?」
雪乃「だって、幻覚見るぐらい疲れてるみたいだし」
晃「気にするな、慣れた」

今も視界の端にちらちらといるが、最早背景の一部と言う扱いだ。
人間、どんな状況にもなれるものだからな。

晃「俺自身は別に構わん」
雪乃「私も私に害が無ければ構わない」
・心情
人は守る、敵は狩る。
何のことは無い、いつも通りだ。

・説得
関係の無い振りをしながら説得する場所の近くで待機。
基本ありす&蒼井ペアにお任せする。
失敗時には護衛対象を捕獲。
止むを得ない場合のみ気絶させて護衛役の虹夫に託し、敵を待つ。

・作戦
使役使い二名の説得終了後に合流。
護衛対象である彼女は後衛の人に任せる。
戦闘開始時点で予定した位置に走り、
自分はまず蝙蝠が後衛に向かわぬように犬川さん、鳶沢さんと共に抑えに。
蝙蝠が散ってくるようなら一人二体づつ相手にするのが理想、
抑えてる間に後衛からの射撃で確固撃破を狙ってもらう。
アビリティは基本悪滅スピナーで、当たらないようであれば黒影剣に切り替える。
蝙蝠撃破後にまだナンバードが残っているようであればカタナさんのサポートに回り、HPギリギリまで前衛で戦う。

・陣形
前衛
ナンバード:桐生
蝙蝠:志乃神 犬川 鳶沢

後衛
射撃:蒼井 ありす 悠
+護衛:虹夫
回復援護:真ベビ×2

・戦闘後
他の人にお任せして帰る。
先に話した二人なら問題なく学園の事も伝えられるだろう。
俺自身、見た目から友好的では無いしな。
失敗時に強制的に捕まえていた場合、ソレだけは謝り倒してからの帰還。

●アビリティ

気魄 悪滅スピナー奥義 ▲▲▲ ×4
気魄 黒影剣改 ◆◆ ×8


迷宮の迷子亭、隔離施設であり更正施設と言う一面を持ちながらも
真っ当な人間としての行動は制限をしないため 一般に広まる娯楽程度ならば
特に規制される事なく使用等が出来る。

そのため、総じて暇潰し代わりに音楽などを聴いていて
棚には色々な音楽が入れられたCDが収められている。

最近いろんなことに疲れて来て、なんだかやる気も出ないし・・・
色々と思うところもあって・・・全部、終わらせようかなって
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雪乃・舞依
年齢:
22
性別:
女性
誕生日:
1994/09/22
職業:
中学生雪女
趣味:
読書、スライム弄り、他人と(で?)遊ぶ
自己紹介:
外の事をあまり知らなかった為に人と上手くかみ合う会話が数人にしか出来ない。喋りも沈黙の多いまったりペースだが人を弄る時だけは素が出て一方的に捲くし立てて相手を貶める。
いたずらっ子だが時々常識外れの大ぽかをする。
動物の鳴き声で幾つかウソを教えられている。
(例:猫はメェ~って鳴くんだよっ!?)
スライムマスター(幻獣使い?)
最近は割とほわほわと彼氏に甘えている。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]