忍者ブログ
雪乃・舞依と志乃神・晃の設定などを徒然と、いや適当に・・・。SSとかバトンとかで ============================================================  このブログにおいてある作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、作成を依頼したものです。  イラストの使用権は雪乃に、著作権は書いていただいたイラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。 ============================================================
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


晃「これで、今日の納品分は全部仕上がったな・・・」

ソレは、梅雨のある日、
薄暗い雨の日の軒先から始まった。

「さぁ、今宵のグランギニョル(荒唐無稽な人形劇)を始めようか」
PR
影を纏い影に生きる.
鍛冶師兼暗殺者の家系に生まれた子.
分家に狩られ,分家に取り込まれた一族.
精神は成熟せずとも,肉体は成熟し,本能で戦う下地は完成した.



人でなしの話

「よし、埋葬完了」
「・・・・・・」

 

迷宮亭・ユキノの部屋

迷宮亭の入居者は安定しない。
隔離施設だから入る人が多いと言うのもあるけど。
きても相手の精神が受け容れ切れない場合、別の施設に送っているから。
または、発作的に暴れた際に取り押さえられず、ぱぁん、で人生の幕を閉じるから。
だから、実は今のように10人以上長く留まっている状況は珍しい。

私は、割とすぐに馴染んだ。元々箱庭に住んでいたから。人がいること以外、何も変わらないと言えば変わらないし。
元々此処で生まれ育った晃みたいなのとは違って、私は引き取られてきた。
だから、此処にきたときは私がいて、晃が居て、九尾乃がいて、三馬鹿がいて、全がいた。
もっと居たけど、その時はまだ話さなかったか、もう居なくなったか。

安定しはじめた館に、私の居場所はある。

迷宮亭で過ごす以上、必ず避けられないのは感情の上限下限の幅が広がること。
何処までも寛大になれることもあれば些細なことで流血沙汰を引き起こすことまで。
壊し砕き破き、それでもまた元に戻る。

どこか螺子の止める箇所を間違えたみたいに、それでも変わらない生活を送れる人たち。
ソレが、此処の住人。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雪乃・舞依
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/09/22
職業:
中学生雪女
趣味:
読書、スライム弄り、他人と(で?)遊ぶ
自己紹介:
外の事をあまり知らなかった為に人と上手くかみ合う会話が数人にしか出来ない。喋りも沈黙の多いまったりペースだが人を弄る時だけは素が出て一方的に捲くし立てて相手を貶める。
いたずらっ子だが時々常識外れの大ぽかをする。
動物の鳴き声で幾つかウソを教えられている。
(例:猫はメェ~って鳴くんだよっ!?)
スライムマスター(幻獣使い?)
最近は割とほわほわと彼氏に甘えている。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]