忍者ブログ
雪乃・舞依と志乃神・晃の設定などを徒然と、いや適当に・・・。SSとかバトンとかで ============================================================  このブログにおいてある作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、作成を依頼したものです。  イラストの使用権は雪乃に、著作権は書いていただいたイラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。 ============================================================
[76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

十字架はイエス・キリストがに処されたときの刑具と伝えられ、
主要なキリスト教教派が、最も重要な宗教的象徴とするもの。
イエスの十字架を象り、立体のものを作ったり画布や板に描いたものを崇敬の対象とする。
旧約において磔刑に処されたものは「呪われる」とあり、
またローマでは十字架への磔刑は「国家反逆罪」への罰であった。
このような「呪い」と「貶め」をキリストが甘受したことのうちに、
キリスト教ではイエスの謙りとそれによってのみ贖われえた人類の罪の深さ、
さらにそれを解消したイエスの神性の力強さを見ている。
 ---Wikiより参照
鴉「ふむ・・・」

十字架――神聖なる意味を持つものではあるが、
        やはり、コレは罪人を磔にするための道具である。

鴉「十字架が神性であれ、魔性であれ。君には関係の無い事だけれど、ね」


鴉「昔はどちらかの意味をしっかりと持ていたのだろう、
  今となっては、黒く怨念に染まった今では・・・
  どちらでも良いことなのかも知れないね」

傍らにのぞく黒い十字架、人に呪い呪われ呪われ過ぎた故に神性を亡くした十字架
呪われ過ぎた故にこの十字はいつしか忌避すべき異能を抱いた。
一つ、忘れたい事を忘れさせる、忘れてはならぬ事を忘却させる。
二つ、失うべきではない人の罪の根源を意識から隠す。
三つ、蟠る闇による硬化・超重量化

鴉「記憶なんてどちらにせよ忘れていくものだ、拠ってコレは大して問題ではない」
鴉「罪悪感の隠蔽 一時的に感覚を麻痺させる。
   ・・・コレは人によるが罪悪感を抱かない人間ならば関係ないことではあるね」
鴉「元々は壊されないために負の思念を吸って自分を硬くしていたんだろうね。
  ・・・そのせいで今では武器として使われているけれど」

どんなに危険なものでも、どんなに呪われた物でも 所詮道具は道具、従うもの
人に使われ、人と過ごし、人の為となり、壊れて捨てられるもの。

鴉「使われ方が間違っていたとしても・・・忘れ去られるよりは良いのかもしれない
  残念ながら私にはまだ扱いこなせなかったけれど、呪われた君は何より私の役に立っていた」

人に存在意義をゆがめられ、ソレでも十字架として祭られ続けていた黒十字、
人ならぬ物は答えを返すことは無く。

ただコトリと震えた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雪乃・舞依
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/09/22
職業:
中学生雪女
趣味:
読書、スライム弄り、他人と(で?)遊ぶ
自己紹介:
外の事をあまり知らなかった為に人と上手くかみ合う会話が数人にしか出来ない。喋りも沈黙の多いまったりペースだが人を弄る時だけは素が出て一方的に捲くし立てて相手を貶める。
いたずらっ子だが時々常識外れの大ぽかをする。
動物の鳴き声で幾つかウソを教えられている。
(例:猫はメェ~って鳴くんだよっ!?)
スライムマスター(幻獣使い?)
最近は割とほわほわと彼氏に甘えている。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]